飲み会は4人より3人が一番盛り上がる!飲み会人数論を論じてみた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

こんにちは。おかねかです。
飲みに行ってますかー?ってことで、今回飲み会を開催するなら人数は何人くらいがベストなのかを自身の経験も踏まえて真剣に考えてみました。

何人でもいいじゃん!みたいな意見もありそうですが、飲み会の人数ってメンバーを選ぶことよりも遥かに重要な事!って思う。

場所?メンバー?違う!人数です!笑
飲み会が楽しく終わるかどうかは人数が全て!

って考える私がこの飲み会人数論に迫ってみます。

スポンサーリンク
これはテスト

最適なのは3人!4人はきつい


私の経験上、飲み会が最も楽しく盛り上がる人数は3人です。
3人だといい感じに会話が盛り上がるんですよ。一人ひとりが意見を気軽に言えるし、話題にも入っていきやすいし、ボッチが生まれにくい!
良いことづくめ!

特に、男2女1だと尚良し!

飲み会って合コンでも仲いい友達同士でも、女性より男性が多いほうが盛り上がる!女性のが多いとそこで共通の話題が生まれて、女性同士で盛り上がっちゃいますからね。

そして私がもっともおすすめしないのが4人飲み!


4人での飲み会だと必ずと言っていいほど、一人はボッチが生まれるのは飲み会七不思議のひとつ苦笑。これ同じように感じている人多いんじゃないかな?。
4人飲みでの盛り上がる確率は、メンバーに左右されるとは言いつつも30%くらいな気がする。残りの70%はボッチが生まれ、気を使って話を振り、なんとなーく微妙な雰囲気が生まれる。
って、負の連鎖が起こりやすい印象。

5人以上の飲み会はもうメンバーの力量次第

私の飲み会人数論は少人数での飲み会のみに通用する論理!

つまり、4人で飲むより3人で飲んだ方がいいよ!って話。

5人以上の飲み会になると、もう飲み会人数論は通用せす、完全にメンバーの力量にかかってきます。
全員がコミュニケーション力マックスであれば問題ないですが、そういかないのがこのご時世。必ずといっていいほど、飲み会偏差値が低いやつもでてきます。


結論、飲み会の人数は、奇数がベストであるというのが私の考え。
偶数飲みはなぜか一匹狼になろうとするやつがでてくる。話題に興味がないのが、話に入っていく行動力がないのか謎ですが、なぜか出てくる。

これ人間行動学とかで説明できるのかな?
知っている人いたら教えてください笑

以上、「飲み会は4人より3人が一番盛り上がる!飲み会人数論を論じてみた。」でした。

スポンサーリンク
これはテスト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
これはテスト