サポートデスクへの連絡先はクレジットカード裏面に書いてある。トラブルへの対処のため事前に携帯へ登録しておこう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


クレジットカードのサービスや契約内容の確認等、カード会社に連絡を取りたいと思う人もいるだろう。
そのような時、どこに連絡していいかわからなくて困った人もいるのではないだろうか。

保有しているクレジットカード会社のホームページにアクセスし、連絡先を探している人が多いことだろうと思う。
たが、案外身近なところに問い合わせ先が書かれているのをご存じであろうか。

実は、クレジットカードの裏面にはサポートデスクの連絡先が書かれているのだ。わざわざgoogleやyahooで検索する必要がないのだ。

スポンサーリンク
これはテスト

何かトラブルが発生した時、困ったときはサポートデスクに電話しよう

クレジットカードを日々持ち歩き、頻繁に利用していればわからないことも出てくるだろう。大抵の人はgoogleを開き、今直面している事態を想定できるワードを「クレジットカード」というワードにくっつけて検索していることだろう。

ただ、このような方法はやめたほうがいい。ネットに公開されている情報は、公開されてから更新されていないことが多く古い可能性が高い。その上、信憑性に欠けることがあるからだ。
事前知識として参考にする分に問題ないが、今この瞬間に必要としている情報は、直接保有しているカード会社に連絡して聞くほうが良い。
そのほうが新鮮な情報が手に入る。

上述した通り、サポートデスクへの連絡先はクレジットカードの裏面に書かれているため、手元にカードがあるのであればすぐに確認することができる。

クレジットカードをなくしてしまった場合

これはもうどうしようない。カード会社のホームページにアクセスしサポートデスクへの連絡先を探すしかない。
ただ、カードをなくしてから連絡先を探しているようでは遅いように思う。特に盗難などの場合は、一分一秒が重要になる。こういった時は初動で全てが決まるといっても過言ではないので、事前に携帯電話の連絡先にサポートデスクの連絡先を登録しておくことをすすめる。

クレジットカードには悪用された場合に備えてあらかじめ保険が付属しているが、この保険が適用されるかどうかはカード会社の審査が必要になる。
本当に当人でなく第三者が使用したことなどを調査するのだ。

クレジットカードが悪用される前にカード自体を止めてしまい、被害を事前に防いだほうがお互いのためなのである。

まとめ

いつトラブルに巻き込まるかわからない。巻き込まれてから動くのではなく、事前に巻き込まれた場合を想定し準備しておくことが大切だ。
それはクレジットカードの管理という面においても同様である。
サポートデスクの連絡先を携帯電話、乃至は手帳などにあらかじめ登録しておき、どんな事態になったとしても即座に動けるようにしておこう。
盗難に限らず、サービス内容や契約内容の確認のためにも登録しておくと非常に便利だ。

以上、「サポートデスクへの連絡先はクレジットカード裏面に書いてある。トラブルへの対処のため事前に携帯へ登録しておこう!」でした。

スポンサーリンク
これはテスト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
これはテスト